パソコンが起動しない

パソコンが起動しない場合の原因としてよくある具体的な症状をご紹介します。
このような症状があらわれたらすぐにお電話ください。

具体的な症状

マザーボード故障 マザーボードはCPUやHDDなどの各ユニットを接続する基板。多くの端子やチップ、コンデンサが並んでいますが、コンデンサの破損が主な故障の原因です。溜まったホコリなどでショートしてしまったり、電解コンデンサそのものの寿命によって故障します。パソコンの電源をつけっぱなしにしていたり、結露、室温など使用環境によっては早く故障が発生してしまいます。
HDD故障 HDDやSSDなどOSがインストールされているドライブでエラーや読み取り不良が発生しているとOSの重要なファイルが正常に読み込めず、起動することができません。データ構造による論理的なエラーと、落下などの衝撃による物理的故障があります。また、HDDはモーターで回転してその上部にデータの読み取りヘッダがあることから特に衝撃に弱いパーツといえます。
電源ユニット故障 ハードディスクと並んで故障が多いと言われている電源ユニット。電圧を安定させるコンデンサの劣化が主な原因です。通常、24時間動作させ続けた場合、数年しか持たないため、ある意味消耗品ともいわれています。またホコリなどの付着が電源ユニットの寿命をさらに縮める要因にもなっています。
OSのシステムエラー 英語のメッセージが表示されたりパソコンが起動しない時は、OSのシステムファイルそのものが破損してしまっている可能性があります。アップデートや更新ファイルの適用時に発生することも。特に起動時のエラーは、OSを起動させるためのブートセクタの問題も疑われます。システムを修復し、OSファイルの構成を正常時に戻す必要があります。
BIOSの設定 WindowsのOSを起動させるための最初のプログラムがBIOS。その設定によってはOSのファイル展開時に影響を及ぼし、システムが不安定になったり起動しなくなってしまうことがあります。最近ではBIOSの代わりに次世代のUEFIと呼ばれるファームウェアが使用されているパソコンもあります。またBIOSに使用されているボタン電池の電池切れの場合もあります。
異音がする 異音はパソコンが故障する前兆を示すサインのひとつ。ホコリや喫煙のヤニ汚れなどで電源ユニットやCPUのファンが詰まったり、劣化によりファン自体の滑りが悪くなっていることもあります。排熱がうまくいかなくなると全体的な故障を誘発してしまうので特に注意が必要です。また多くのがHDDからの異音で、データを読み取るためのヘッドが歪んだり、回転不良などによって異音が発生します。
落雷による故障 雨季に多いスコールなどで特に気をつけたいのが落雷。電線からコンセントを伝わり瞬間的なサージ電流が流れることがあり、マザーボードや電源ユニットを故障させてしまうことがあります。電圧の変化や過電流によってパーツが焼き焦げてしまうこともあります。
不要な電気の帯電 起動しなかったり再起動を繰り返すような不具合が頻発する場合、不要な電気の帯電も疑われます。マザーボードやメモリに静電気が流れると、信号の流れが乱れてしまうためさまざまな予期せぬ症状が発生します。特にホコリは帯電しやすいため、定期的な内部のクリーニングも必要です。
電力不足 タコ足配線や電圧消費の高い家電などを使用すると、パソコンに供給される電圧が不足して起動しないことがあります。また、グラフィックボード等のパーツを増設した場合などにも供給される電力が不足して起動できなくなることもあります。

安心のデータ保護

V Systemのサポートや修理では大切なデータは保護して作業を進めていくのでご安心ください。

また、パソコンが起動しない、またはハード的な故障であってもデータを保存しているストレージ(HDDやSSD等)は無事でデータは残されていることがほとんどです。さらに万一、データが消えてしまったり読み取れない場合の「データ復旧メニュー」もご用意しています。

日本語でご相談いただけます。お気軽にお電話ください。
受付時間 … 9:00~21:00(年中無休)
パソコン修理
サポートについて
+65 6681 6540 受付時間 9:00~21:00(年中無休)