ホームネット情報マガジン ホーカーセンター編

 

汗で携帯が壊れたよ

冷蔵庫に入れて乾燥中

特派員Mです。

 

「ホーカーセンター」

第二回でご紹介しました「ホーカーセンター」

シンガポーリアンの胃袋をガッチリ掴んで離さないホーカーセンター

綺麗好きや潔癖症には、きつい感じの店構えをしています。

 

プラスティック製の箸は変色

テーブルは、ちょっとオイリー

床は長靴が欲しくなる

時々…ゴキ(あわわわ)

 

そんな店構えですが、キレイ度の目安?が、遠目でもわかる方法があります。

 

「張り紙A、B、C」

殆どのホーカーセンターで看板近くに貼り付けてある「A、B、C」の張り紙

キレイ度の目安?らしいです。

「A:(•̀ᴗ•́)و ̑̑ぐっ」

「B:(๑´╹‸╹`๑) 」

「C:見たことないけど…(´・ω・`)」

 

こんな感じらしいです。

これは、政府が抜き打ちでチェックするらしく

場合によっては、数週間の営業停止になるらしいです。

マメに掃除が必要ですね。

環境庁が公開しているWEBサイトではすべての飲食店のグレード評価を調べることができるという力の入れよう。

https://eservices.nea.gov.sg/TR/

 

 

「それでも…」

Aランク

それでも日本人感覚では、ムムムっ…と、思ってしまう

お店だったりします。

 

今まで、ムムムっ…と、思うお店で何度も食べてきましたが

ラッキーなのか、田舎モンの耐性なのか?

一度もお腹にキタ事はありません

 

「最後に…」

お店の汚さに関係なくテーブルは、汚れていますけどね…

ま…汚い店ほど?ウマイっても言いますし

 

現地の食事は、海外旅行での楽しみの一つでもあると思います。

汚いからといって敬遠しないで、飛び込んでみましょう